NAPI TOPページへ


ビーズの穴と鹿紐について

NAPIで扱う古いビーズ・ターコイズビーズの
穴の大きさは粒により誤差があります。

大きな穴のホワイトハーツ 鹿紐用

同じ束のビーズでもでもこんなに違います。
穴は大きかったり小さかったり,
平たく線の様であったり,
ゆがんでいる物もあります。
ターコイズでも粒により若干違いが出ます。


穴サイズ2.5mm以上表示の粒売りのものは
中厚手3mm鹿紐に通るものを

穴サイズ2mm以上表示の粒売りのものは
吟無し3mm鹿紐に通るものを

穴サイズ1.8mm以上表示の粒売りのものは
薄手3mm鹿紐に通るものを

できるだけピックアップ致しますが
束売りの場合は通らないものも出ますので
ご了承下さい。



シルバー・ゴールドビーズは
天然石・ガラスビーズと違い
型抜きですので穴サイスはほぼ一定です。



鹿紐を選ぶときは・・・
ビーズの穴の状態にもよりますが,



2.5mm穴のビーズには
3mm中厚手Aの鹿紐がお薦めです。
厚いので丈夫です。
2本通すためには3mm穴以上が必要です。




2mm穴のビーズには
3mm吟無しの中厚手鹿紐がお薦めです。
厚みがある程度あるので丈夫です。
2本通すためには3mm穴が必要です。




1.5mm-2mm穴のビーズには
薄手の3mmの鹿紐はたいてい通りますが
若干耐久性に欠けます。
2本通すためには2.5mm穴以上が必要です。




2.5mm穴以上のビーズには
厚手3mmのエルク鹿紐がお薦めです。
かなり丈夫ですが
2.5mm穴以下のビーズには通りません。
2本通す場合には4mm穴以上必要です。




薄目の4mmの鹿紐は
2.5mm穴にたいてい通ります。





 
市販のままの鹿紐をビーズに通すと
「けば立ち」がひどく,
切れやすいのでNAPIでは紐全体に皮用の
オイルを混ぜ込みしみこませています。
初めは少し粘りますが丈夫になり,
しなやかで通しやすくなります。


 


オイルが無い物はビーズを通すと↑の様に
毛羽立ち,弱くなってしまいます。


オイルを入れるとスムーズで丈夫です。



■ビーズの穴に鹿皮紐を通すこつは・・・
鹿皮紐はしなやかなので
一見通りそうにないものでも
紐先を針のように細く斜め切りにすると
厚みが有っても通ることがあります。

このままでは通せません。そこで・・・


鋏で先を針のように細くします。

 

通りました。

もちろん通らない場合も有りますので
実際は一つづつ通してみないと解りません。
特に,お手持ちの油分の無い鹿皮紐は
幅が細い物でも
厚みにより通るかどうかは不明です。



■ご自分で幅を切る場合は・・・
必ず「良く切れる」クラフト鋏または
裁ちばさみをお使い下さい。
紐を縦に持ち,
端から様子を見ながら切っていきます。
結構難しいので,最初から思い切らず,
「少しづすゆっくり幅を狭くする」
ことからお試し下さい。